役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷にしてしまいやすい人の仕事で多いものは?大阪の業者が解説

「ゴミ屋敷にしてしまいやすい人はどんな人が多いのだろう?」
「仕事も関係があるのかな?」
ゴミ屋敷が近隣にある、あるいは自身がそうなっている際には、気になることも多いですよね。
特に、ゴミ屋敷にしてしまう人にはどのような特徴があるのかは知りたいかもしれません。
そこで今回は、ゴミ屋敷にしてしまいやすい人の特徴として、仕事との関係を大阪の業者が解説します。

□ゴミ屋敷にしてしまいやすい人、仕事とは関係があるのか?

ゴミ屋敷にしてしまうのは様々な原因が考えられます。
心身的なものを引き起こす要因の一つに、職業が関係していると指摘されているのです。
実際にどのような仕事の方がものを溜めやすい傾向なのかを解説します。

*看護師

人の命を預かる役割の看護師の方は、常にプレッシャーと闘いながら仕事をされています。
医者と関わる職業である以上、相性が合わないと相当なストレスになるようです。
また、ある程度の収入があることから、発散のためにものを購入してしまう傾向があります。
ものを買うことでストレスを発散しないとやっていられないのかもしれません。
そして、購入と同時にものを溜めやすいのも押さえておきましょう。
変則的な勤務であることも多く、なかなか他の人と予定が合いません。
そのため、自分の世界に入り込みやすく、集めたものをなかなか手放せないことにつながるのです。

*介護士や教師

高齢者であるか子供であるかの違いはありますが、多くの人の世話をする職業です。
人の世話をするだけでも大変ですが、書類の作成などの雑務もこなさなくてはなりません。
また、多くの人を相手にする以上、厄介な存在も出てきます。
たとえば、介護士は利用者のわがままに手を焼くことが多いものです。
また教師も、配慮のない親たちがクレームを言ってくることも増えました。
子供そのものにも厄介な存在は多く、ダブルでストレスを受けることもあります。
そういった心身ともに厳しい環境であることで次第に鬱状態になってしまうのです。
ものを溜め込んでストレスを発散するリスクが高まります。

□まとめ

今回は、ゴミ屋敷にしてしまいやすい人の特徴として、仕事との関係を解説しました。
挙げたのは看護師・介護士・教師ですが、その背景は他の職業にも当てはまります。
激務・収入が高い・ストレスが溜まりやすい仕事であると、ものを溜めやすい傾向が強いです。
ご自身が該当する場合には、特に注意した方が良いと押さえておきましょう。