役立ち情報ブログ

汚部屋はどのような分類のものなのか?大阪の業者が解説

「汚部屋はどのようなものなのだろう?」
「分類方法について知りたい。」
清掃などの話の中で、汚部屋という単語に疑問をお持ちになったかもしれません。
どのようなものなのか、何に分類されるのかがわかりにくいですよね。
今回は、汚部屋が何を指すのかの分類について大阪の業者が解説します。

□汚部屋は何を指す?分類について

ゴミ屋敷と呼ばれる言葉を耳にされたことのある方も多いと思います。
これは、不要なものも含めて多くのものが家に溜まって散らかった状態のことを指します。
メディアの取材では家の外にゴミがある物件が出てきますが、それはゴミ屋敷がかなり深刻である状態です。
そして、このゴミ屋敷は、汚部屋と有機系に分類されます。
それぞれについて詳しく解説しましょう。

*汚部屋

漢字を見たときに、どのように読むのかがわからないかもしれません。
これは、「おへや」と呼びます。
そのまま捉えると汚れている部屋ですが、実際にはそうでもないのです。
こちらは倉庫系とも呼ばれています。
倉庫に似てものが多くて、整理できずあふれてしまっているのです。
ゴミは捨てていても、それ以外のもので部屋が散らかっていることもありますよね。
整理をしようとしても、忙しいなどの理由で手が回っていないかもしれません。
結果的に様々なものがあふれていて、部屋全体で見ると散らかっていることもあります。

*有機系

ものを購入して使った際には、容器などが残ることもありますよね。
そういった不要なものも捨てないまま残している部屋を有機系と呼びます。
ペットボトル・プラスチック容器・ポリ袋などが例です。
これらが綺麗に洗われているならまだしも、洗い残しは出てきますよね。
また、食べ残し・飲み残しがあるかもしれません。
それらが腐食すると、害虫が発生することもあります。
また、発生する臭いは不快なものであり、近隣とのトラブルつながる要因です。
汚れている部屋は、こちらの方がむしろイメージには近いかもしれません。
健康被害を引き起こすリスクも高く、早期の対応が求められます。

□まとめ

今回は、汚部屋が何を指すのかの分類について大阪の業者が解説しました。
汚部屋は、ゴミ屋敷の中の一つに分類されています。
単に散らかっているだけのため、深刻な状態ではありません。
しかし、掃除が行き届いていないのは良くありませんので、早めに対処されるのが良いでしょう。
ご不明な点や作業のご依頼がございましたら、弊社までご相談いただけますと幸いです。