役立ち情報ブログ

大阪の掃除のプロがご紹介!ゴミ屋敷になりやすい人の特徴について解説!

部屋がゴミ屋敷になる方には、実は共通する特徴があることをご存知でしょうか?
今回は、ゴミ屋敷に陥りやすい方の特徴についてご紹介します。
あてはまる項目が多い方は、ゴミ屋敷予備軍かもしれませんので注意しましょう。

 

□ゴミ屋敷になりやすい人の特徴とは?

まず、部屋がゴミ屋敷になりやすい人に共通して言えるのは、「持ちものが多すぎる」ことです。
部屋の収納力や収容面積に反して荷物が多すぎるため、部屋がもので溢れかえってしまいます。
ゴミ屋敷になりやすい人は、「買い物が好きで流行に敏感」な方が多いです。
常に新しいものを買って新鮮さを感じたいと、たいして欲しくないものでも、流行のものをついついたくさん買っていまいます。
しかし、買う満足だけで結局使わないまま放置されるケースが非常に多く、ゴミ屋敷の原因になります。
「熱しやすく冷めやすい性格」だと言えるでしょう。

また、「面倒くさがりで物事を何でも後回しにする」こともゴミ屋敷になりやすい人の特徴です。
使ったものは元の位置に戻さず、とりあえずどこかに置いて後でしまおうと考えます。
結局、時間を置けば余計に面倒になるので、まったく片づけることなくさらにものを積み上げてしまいます。
ソファーやイスにものを積み上げ、挙句の果てに床にまでものを置くようになります。
この悪循環が積み重なった結果、ゴミ屋敷ができあがってしまうのです。

さらに、ゴミ屋敷になりやすい人の特徴として「ものが捨てられない」ことがあげられます。
優柔不断でものの取捨選択が非常に苦手なため、あまり価値がないものでも「いつかは使えるのではないか」と考えて、ものを部屋にためこんでしまいます。
また心理的特徴として、ゴミ屋敷になりやすい人は、「ストレスをためこんでいる」人が多いと言われます。
仕事や家事、育児に追われる毎日で、自分の部屋を片づける余裕がありません。
日々のストレスを買い物で発散して、さらにゴミ屋敷を深刻化させる事態に繋がってしまうのでしょう。

 

□ゴミ屋敷から脱出しよう!

部屋がゴミ屋敷になる人の特徴は、その人が今まで形成してきた性格によるものと言えます。
ゴミ屋敷状態に陥ってしまった部屋を元に戻すことは、かなり大変な作業です。
ただ、いち早く脱出しなければ、負のスパイラルがずっと続くことになります。
負のスパイラルから脱出するためには、思い切って「断捨離」をして部屋をすっきりさせましょう。
自分だけではどうしようもない方は、ゴミ回収の業者に依頼するのも良いでしょう。