役立ち情報ブログ

汚部屋は運気を下げる!?大阪のごみ業者が解説!

テレビや雑誌といったメディアで、「汚部屋」がたびたび取り上げられています。
汚部屋は健康だけでなく精神にも悪影響を及ぼすので、近年問題視されています。
さらに健康面だけでなく、運気まで下げてしまうことがあると言われています。
今回は、汚部屋と運気の関係性について解説します。

 

□汚部屋は負のスパイラル!

「部屋は心を映す鏡である」とよく言われます。
見た目は美しくても、汚部屋に住んでいる人の心は、実は乱れていることが多いです。
部屋が綺麗な人は、物に対する取捨選択が非常に上手な場合が多いです。
本当に自分に必要なものとそうでないものと明確に見分けて、無駄なものを身の回りに置きません。
必要な時に必要なものがどこにあるのか、何があるのかが頭に入っているので、本当に欲しいものが手に入るときが来たらしっかりと見極めて掴み取れます。
部屋の整理も同じで、何が大切で何が不要かを普段の部屋の整理で見分けることで、本当に大切なときに適切な判断ができるでしょう。
取捨選択は生きる上でも非常に大切なスキルです。
人生において大切なチャンスを選び取る力は、普段の生活における取捨選択で磨かれます。
つまり、部屋が汚いと運気が下がるわけではなく、取捨選択能力のなさが大切なときに大事な運を掴めないことになる可能性が高いから、「運気が下がる」と言われるのです。
さらに、部屋が汚いと部屋を見るたびに「掃除しないといけない」と感じて、心に負荷がかかります。
一日の疲れを取りゆっくりくつろぐための部屋であるはずが、小さな負荷を日々感じることになります。
日々のストレスの蓄積は、不安定な心理状態を招き、些細なことまでも不運に感じてしまうかもしれません。

 

□汚部屋にしない小さな習慣を身につける!

部屋が散らかる人は、物をもともとあった場所にしまう手間を面倒に感じて、床にとりあえず置いて後でしまおうと考える人が多いです。
しかし、いつまで経っても元の位置にしまわれることなく、次第に床に置かれたものが増えて汚部屋と化します。
汚部屋にしないためには、日々のちょっとした片付けの習慣が必要です。
まずは、「とりあえず置き」をやめてみましょう。
汚部屋を経験して、すっきりした部屋で再び暮らすととても晴れやかな気持ちになるでしょう。
その感覚を心に刻み、忙しさを言い訳にしないで日々の片づけを習慣づけましょう。

 

□まとめ

今回は、汚部屋と運気の関係性について解説しました。
部屋を綺麗にする取捨選択能力が身に付けば、人生において大事なときに運やチャンスを掴み取る力が得られます。
部屋が散らかっているなと感じる方は、ぜひ行動してみてください。
大阪で汚部屋にお困りの方がいましたら、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。