役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷と汚部屋に悩むアラサー必見!大阪の業者が解説します!

「汚部屋を解消したい」
「役職がついて仕事が忙しくて片付ける時間がない。」
と悩んでいるアラサーの方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな悩みを解決するために抑えるべきポイントを紹介します。
ゴミ屋敷を卒業して快適な生活を送りましょう。

□ゴミ屋敷の実態とは?

*アラサー女性に多い

男性の方が女性より部屋が汚いイメージがありますよね。
しかし、汚部屋やゴミ屋敷で悩む人の約6割が女性です。
さらにそのほとんどが20代から40代です。
アラサーの女性は仕事や子育てでストレスがかかりやすいでしょう。
そのため、アラサー女性の部屋は汚くなりがちです。

*職業

部屋が汚くなりやすい職業の1つは看護師です。
看護師は夜勤もあります。
そのため、帰宅するとそのまま寝てしまうことが多いです。
人の命を預かる職業ということからストレスがたまりやすいです。
他にも夜勤がある職業は汚部屋になる可能性があります。

つづいて介護士も部屋がゴミ屋敷化しやすい職業です。
介護士は職業柄、うつ病になりやすい職業です。
そのため。うつ病になると片付けが難しくなり、汚部屋化につながります。
教師もゴミ屋敷になりやすい職業です。
業務量が多く、子供や保護者との人間関係に悩みがちでしょう。
ストレスがたまると掃除ができなくなる場合が多いです。

*ゴミ屋敷にしやすい人の特徴

意外と普通の人の家がゴミ屋敷になります。
大事なことは汚部屋やゴミ屋敷を身近なものと認識することです。
意識をすることでゴミ屋敷になるのを防げます。

□ゴミ屋敷を卒業するために

*掃除を習慣化

こまめに掃除をすることで部屋を清潔に保つことができ、部屋が汚くなりにくいです。
最初は掃除をルーティーン化するために、毎日決めた時間に掃除をすると良いです。
忙しいアラサーの方でも、毎日5分なら時間を確保できるのではないでしょうか。
5分だけでも、意外と部屋はきれいになるものです。

*大掃除をする

部屋が一定の基準を越えて汚くなると日々の清掃では足りません。
大がかりな作業が必要です。
そのため、「大掃除をする」決心をつけることが大切です。

*業者に依頼する

忙しくて時間がない方は業者に掃除を依頼することをおすすめします。
業者は目安60分ほどで汚部屋を解消してくれます。
最近の業者は清潔感もあるので安心です。

□まとめ

今回はゴミ屋敷の実態を説明しました。
ゴミ屋敷を抜け出すお手伝いができればうれしいです。
当社は大阪を中心に月間800件の依頼を受けているので、実績と安心感があります。
アラサーで仕事や子育てに追われて掃除ができない方におすすめです。
さまざまなプランがあるので、ぜひご相談ください。