役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷によって起こる近隣とのトラブルは?大阪の業者がご紹介

「ゴミ屋敷が引き起こすトラブルって何だろう?」
「ゴミ屋敷は、近隣にも影響がありそうだな。」
近隣にゴミがあふれてきている家があると心配ですよね。
また、ご自身の家にものが増えてきて、周りへの迷惑を気にされているかもしれません。
今回は、ゴミ屋敷によって起こる近隣とのトラブルを大阪の業者がご紹介します。

 

□ゴミ屋敷によって起こる近隣とのトラブル事例

*景観の悪化

まず、見た目は全く良くありません。
ゴミが屋内にとどまっていればまだしも、入りきらないものが家の外にあふれてきます。
近所にもので囲まれている家があったら、不快ですよね。
また、当然ですが溢れてきているものは整理されていません。
道端に散乱して、通行の妨げになることも多いです。
ゴミ屋敷は、住人自身だけではなく、街全体でのイメージの低下につながります。
近隣の方にすれば、ゴミ屋敷が原因で生活に影響が出るのは迷惑でしかありません。

 

*悪臭

ゴミの中に腐りやすいものがあると、悪臭が生じます。
厄介なのは、空気に乗って充満することです。
長期間放置すると、家だけでなく近隣にも悪臭が充満するかもしれません。
近くを通る際に耐え難い臭いを浴びることにもなり、トラブルに発展することも多いです。

 

*虫に刺されるリスクが高まる

掃除がなかなかできていない状態は、虫が発生する可能性も高いです。
たとえば、生ゴミはハエが繁殖するリスクを抱えています。

また、掃除が行き届かない場所にはゴキブリが棲みつきます。
繁殖速度が高いため、何日も放置しておくうちにどんどん増えていってしまうかもしれません。
もちろん、外に移動することもあるため、近隣の家にも侵入します。
人を刺す虫が増殖することもあり、結果的に虫に刺されるリスクも高まるのです。

 

*火災

ゴミが多いと、コンセントに埃などが詰まりやすくなり、漏電の恐れも出てきます。
また、ものが多い状態では、一旦燃え出すと一気に燃え広がってしまうのです。
通常の火事と同様に、近隣にも延焼する可能性も否定できません。
迷惑なだけでは済まず、多額の損害につながってしまうこともあります。

 

□まとめ

今回は、ゴミ屋敷によって起こる近隣とのトラブルを大阪の業者がご紹介しました。
主にあるトラブルには、景観の悪化・悪臭・虫刺され・火災などが考えられます。
余計な揉め事に巻き込まれる前に解消していくことが必要です。
ご自身だけでは難しい場合には、業者に依頼するのもおすすめします。