役立ち情報ブログ

ゴミを放置していると病気になる?ゴミ屋敷と病気の関係について大阪の不用品回収業者が解説!

ゴミ屋敷問題は、たびたび社会問題として取り上げられています。

ゴミ屋敷には臭いや発火の危険性といった、様々なデメリットがあります。
本記事ではゴミ屋敷によって生じる病気や感染症について解説します。

□害虫が媒介する恐ろしい病気について

ゴミ屋敷の怖さは、不便であるというような軽いものではありません。

近所のゴミ置場にハエがたかっているのを見かけたことはありますか。
ゴミ屋敷の衛生状態は、ゴミ置場よりも酷いと言われています。
そのため、ハエやダニ、ゴキブリ、さらにはネズミなどの格好の住処になります。

紙類や衣類が散乱していたり、空き缶やペットボトルが落ちていたりするだけでは害虫は集まってきません。
ゴミ屋敷には大抵、お菓子の残りカスや食べかけの弁当、腐った食材なども散らかっています。

それらの食材に卵を産み付けることで害虫たちが大量発生する一方、ネズミたちは餌を求めて集まってきます。

普通に暮らしているとハエやダニの恐ろしさを実感することはありませんよね。
実は、それらの害虫は危険度の高い細菌やウイルスを媒介して、人に病気をもたらします。

例えば、ハエは数百種類の病原菌を持っているのをご存知でしたか。
ハエが媒介するウイルスには、胃がんや潰瘍を引き起こすと言われているピロリ菌や、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、O-157があります。

ハエに囲まれて生活するのがいかに危険か理解して頂けたでしょうか。

また、長年蓄積された埃にはダニが繁殖します。
ダニはツツガムシ病やライム病、重症熱性血小板減少症候群など消化器に異変を起こしたり高熱を出させたりして最悪の場合死に至るような病気を媒介します。

□ゴミ屋敷でアレルギー症状になることも!

ゴミ屋敷にはホコリやカビ、ハウスダストが充満しています。
長時間その汚れた空気を吸い続けると、深刻なアレルギー症状を引き起こすことがあります。

特に、鼻詰まりや咳などの症状が悪化すると呼吸困難に陥ってしまうことがあります。

□精神的な病気について

ゴミ屋敷に住んでいる人は、はたして好んでゴミだらけの空間で生活しているのでしょうか。
捨てたくてもいろいろな事情で捨てられないことが続いた結果、手のつけられない状況になってしまっている人がほとんどだと思います。
したがって、清掃したいけれどできないというフラストレーションが溜まり、うつ病などの精神的な病を患ってしまうことがあります。

□まとめ

ゴミ屋敷が引き起こす様々な病気について解説してきました。
ゴミ屋敷は隣人の方に迷惑をかけたり、臭いに苦しんだりするだけでなく、深刻な病に繋がりかねない危険な状況です。
ゴミ屋敷状態にある方は、健康のために、掃除したり、業者に依頼したりして早急に家を清掃するようにしましょう。