役立ち情報ブログ

引っ越しの際のゴミ回収とは!間に合わない場合はどうするのかご紹介します!

引っ越しをする際、さまざまなものをどのように分けてゴミ回収に出せば良いかご存じですか。
詳しくはわからないですよね。
たくさんの種類があるのでそれぞれ理解する必要があると思います。
そこで今回は引っ越しの際のゴミ回収についてご紹介します。

 

□ゴミの種類について

 

引っ越しをする際、さまざまなゴミが出ると思います。
そのときにどのような種類に分けて捨てたら良いかわからない方も多いでしょう。
ここではゴミの種類についてご紹介します。

1つ目は可燃ゴミについてです。
可燃ゴミは生ゴミや紙くず、衣類などがあります。
引っ越しの際、このゴミが一番多く出るでしょう。
そのため、入れる袋も多く用意することをおすすめします。

2つ目は不燃ゴミです。
これは金属、ガラス、小型家電などです。
割れたガラス類は紙に包んで誰が見てもわかるような表記をしておきましょう。
不意にけがをする恐れがあるので注意が必要です。

3つ目は資源ゴミです。
資源ゴミはプラスチックのキャップや、発泡スチロールなどです。
プラマークがないプラスチックは可燃ゴミになるので、注意しましょう。

4つ目は粗大ゴミです。
粗大ゴミとして出すためには長さが30センチメートルを超える必要があるのはご存じですか。
引っ越しの際、一番処理に困るゴミですが、その自治体によって違いがあるので、押さえておきましょう。

 

□ゴミ回収が間に合わない場合

 

先ほどはゴミの種類についてご紹介しました。
引っ越し作業をしていく中で、ゴミ回収の時間に間に合わないときもあるでしょう。
ここでは間に合わなかった場合の方法をご紹介します。

1つ目は新居に持っていくことです。
引っ越しの際、持ってく場所があればこの方法が良いでしょう。
勝手においていくのは良くありません。
そのため、持っていきその場所にあるゴミ回収の場所に捨てましょう。

2つ目は自治体の焼却場に持っていくことです。
新居に持っていく場所がなければ、直接、焼却場にもっていくの1つの方法です。

順序としては焼却場の受付で手続きを済まして、許可が下りたらゴミを捨てます。
そこからゲートで精算を済ませましょう。
何度も運ぶと不法業者の勘違いされる可能性もあるので、目的を伝えておきましょう。

3つ目は不用品回収業者に依頼することです。
時間がなく間に合わない場合はこの方法が良いでしょう。
この方法であれば、自治体で引き取ってもらえないゴミも引き取ってくれるので、押さえておきましょう。

 

□まとめ

 

今回は引っ越しででてくるゴミ回収についてご紹介しました。
間に合わなかった場合の方法もご紹介しましたので、参考にしてください。
ゴミ回収に関するお悩みやご相談がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。