役立ち情報ブログ

遺品整理についてお悩みの方必見!最適な方法や時期とは!

遺品整理は何をすればよいかご存じですか。
また、いつごろからすれば良いのかわからないですよね。
生前に押さえておくことが必要だと思います。
そこで今回は遺品整理についてご紹介します。

 

□遺品整理の方法とは

 

遺品整理の方法はご存じですか。
業者に委託する方法もありますが、自分でやりたい方もいるでしょう。
ここでは自分で遺品整理する方法をご紹介します。

初めの手順としては、スケジュールを組むことです。
個人差はありますが、遺品整理はかなりの時間がかかるでしょう。
そのため、スケジュールを組んでやることをおすすめします。
組まずに整理するとどこから手をつけたらよいかわからず、混乱することもあります。

2つめは身内に連絡することです。
遺品整理は1人ですると、トラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。
なぜなら、捨てたものが他の人にとって大切な思い出かもしれないからです。
できるだけ全員がそろってから遺品整理をしましょう。

3つ目は、各種の契約を解除しておくことです。
故人が契約されたままのものは、なるべく早く解約しましょう。
ずっと料金が発生する場合もありますので、注意が必要です。
ですから、事前に契約していたものを把握しておきましょう。

 

□遺品整理をやる時期とは

 

遺品整理はいつごろから始めたら良いかご存じですか。
それがわからず、早く整理したいけれどいつ手を付けてのかと迷うこともあるでしょう。
ここでは遺品整理の時期についてご紹介します。

1つ目は、49日を迎えた後です。
これは仏教の考え方ですが、ご存じですか。
故人の魂は49日間この世界でさまよう期間とされています。
それを超えてから遺品整理すると、魂の旅立ちの意味を込めてできるでしょう。

2つ目は諸手続き完了後です。
先ほどの遺品整理の手順でご紹介した、契約の解除を踏まえてのことです。
ガスや電気の契約が続いてる可能性があるので、それらを解除や手続きをしてから遺品整理をすると良いでしょう。

3つ目は葬儀後すぐです。
遺品整理は全員が集まってからするのが良いので、すぐにするのも方法の一つです。
また、契約な問題も考慮しながらも葬儀後にすることも良いと思います。
家族や親せきがお忙しい場合は、葬儀後にしてみましょう。

 

□まとめ

 

今回は遺品整理の方法と時期についてご紹介しました。
業者に委託するのも1つの方法です。
また、全員が納得するような時期、方法にしましょう。
遺品整理についてのお悩みやご相談がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。