役立ち情報ブログ

大阪にお住みの方へ!ゴミ屋敷の具体的なデメリットをご存知ですか?

最近、業者の方がゴミ屋敷を清掃するテレビ番組を見かけますよね。
部屋を綺麗にしている私たちは、仮にゴミ屋敷に住むことを考えるだけでもぞっとします。
今回は、大阪にお住みの方にゴミ屋敷に住むことで生じる具体的なデメリットを解説します。

 

□生活空間に起きるデメリットとは

 

ゴミ屋敷には大量のものが部屋中に散らかっています。
その中で実際に使えるものはありますが、ゴミの数と比べると圧倒的に少ないでしょう。

そのため、多くが利用価値のないゴミです。
部屋の中でゴミが床の上に散らかっているだけではなく、ゴミが積み重なって山になっていることが多いです。
それ故に、床が全く見えないことも珍しくありません。

害虫はゴミが大量に積み重なった場所を好みます。
そのため、ゴキブリやハエ、クモが大量のゴミの下に住んでいるかもしれません。

実際に、ゴミが少ない綺麗な部屋に住んでいても、ゴキブリを見かけます。
ゴミが大量にある部屋では、ゴキブリの数は測り知れないでしょう。
また、部屋の中にいる害虫が病気を運んでくるかもしれません。

 

□ゴミ屋敷が住人に及ぼすことは

 

ゴミ屋敷では多くのゴミが長年放置されています。
その中には腐った食品もあるでしょう。
腐った食品を放置すると変色してカビが生え、異臭を発して健康に様々な害を及ぼします。

カビはシックハウス症候群やアレルギー性鼻炎にかかる可能性を高め、鼻詰まりや頭痛などの症状が出ます。
異臭は生活をする際にストレスの原因となって、精神的な苦痛や病気を引き起こすでしょう。

ゴミ屋敷に長年住む住人の価値観は、一般的な人が持っているものとは大きく異なります。
それは、汚い部屋に住むことが当たり前だと思うからです。
長年住む間に、近隣住民から部屋の汚さを指摘されたでしょう。

しかし、自分では汚い状況が普通だと思い込んでいるため、近隣住民の意見には耳を傾けません。
耳を傾けないだけではなく、自分自身の行動を正当化するためにゴミを宝の山だと言い張っている人が多いです。

こういった価値観の違いが社会からの孤立を引き起こし、最終的に自殺に繋がることが多いです。

 

□まとめ

 

ゴミ屋敷に住むことによる具体的なデメリットを解説しました。
ゴミ屋敷にはメリットが一切ありません。
適度に掃除をしていないと部屋がゴミ屋敷化する可能性があります。

ご自身が今すぐできることから、掃除を始めましょう。
大阪にお住みの方で、ご自身だけの清掃が困難な方は、ご気軽に当社にご連絡ください。