役立ち情報ブログ

大阪に住まれている方へ!ゴミ屋敷が近隣住民に及ぼす影響を解説します!

皆さんは、今までにゴミ屋敷を目にしたことがありますか。
私たちはゴミ屋敷の住人はどうやって住んでいるのかと興味を持つかもしれませんが、ゴミ屋敷の近くに住む方は迷惑に思っているでしょう。
今回は、大阪に住まわれている方にゴミ屋敷が実際に近隣住民に及ぼす影響を解説します。

 

□地域ブランドの低下とは

 

ゴミ屋敷がある地域では、地域のブランドが低下します。
例えばインターネットのサイトなどにゴミ屋敷のある場所が出回る可能性があります。
そこに面白半分でゴミ屋敷巡りをする人たちが訪れることがあるでしょう。
当然、ゴミ屋敷の住人でなければ勝手に入ることは犯罪ですが、心霊スポット巡りのように無許可で家の中に入っていく人たちがいるかもしれません。

昼だけではなく、夜に訪れる人もいるでしょう。
その場合、夜遅くに人の喋り声が聞こえるかもしれません。
夜に寝ようとしているときに、大きな話し声が聞こえると寝られませんよね。
そして、大きな話し声が原因で寝不足やストレスを感じることがあるでしょう。

ゴミ屋敷が近所にあることで、その地域の名前を聞いたときにゴミ屋敷をイメージする人が多くなります。
他にも、夜にゴミ屋敷を巡る人による話し声が地域ブランドの低下を引き起こします。

もし、ある地域にゴミ屋敷がなければ変に有名になることがなく、訪れる人もいないでしょう。

 

□害虫や野良猫による被害とは

 

ゴミ屋敷は害虫や野良猫が過ごす絶好の場所です。
しかし、それらがずっとゴミ屋敷の中にいるとは限らないので、近くの家にも移動するかもしれません。

例えば、小さいお子様がいるご家庭では子供が家の前で遊ぶことがありますよね。
ゴミ屋敷周辺をうろつく野良猫がいたら、安心して子供を外で遊ばせられないでしょう。
他にも家庭菜園をしていても害虫や野良猫に食い荒らされることがあります。
また、害虫や野良猫は病原菌を持っている可能性があるので、ゴミ屋敷の隣に住むと健康被害が出る可能性が高くなるかもしれません。

このように、ゴミ屋敷の住人だけではなく、全く関係がない近所の方にも被害があります。

 

□まとめ

 

ゴミ屋敷が近隣住民に及ぼす影響を解説しました。
ゴミ屋敷の住人が自分の家や部屋で起きることを気にしていなくても、近隣住民に悪影響を及ぼします。
皆さんも、ゴミ屋敷に住むことにならないように部屋を綺麗に保ちましょう。
大阪でご自宅やお部屋の清掃にお困りの方は、ご気軽に当社にお問い合わせください。