役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷の原因は何?対処法はある?

「亡くなった親戚の家がゴミ屋敷だった」
「知人の家がゴミで溢れていた」
この記事を読んでいる人の中には、すでにこういった場面でゴミ屋敷に遭遇したという方もいるでしょう。
そしてなぜあそこまでゴミが溜まるのか、理解できないという方も多いはずです。
そこでこの記事では、ゴミ屋敷の原因を3つご紹介します。

□ゴミ屋敷の原因はなに?

1つ目は、体の衰えです。
数キロの重さのゴミ袋を運ぶのは、ほとんどの若い人にとってはなんでもないことですが、体が衰えてくるとそれすらも重労働になります。
金属製のものや家具などさらに重たいものになれば尚更です。
ゴミ屋敷の住人に高齢の人が多いのはこれが主な原因でしょう。

2つ目は、時間的余裕の無さです。
これは一見すると甘えのように思われるかもしれません。
しかし、医療関係者や残業が多い仕事などをしている人たちは、生活のリズムが保たれず、ゴミが溜まり続けた結果ゴミ屋敷になることがあります。
この説明ではあまり納得できないという方がほとんどだと思いますが、20代から50代の働き盛りの人を中心に実際に見られる例なのです。

3つ目は、精神的なものです。
例えば認知症は、その最たる例です。
認知症の患者は、記憶力が低下するだけでなく、自らの意思と行動が合致しなくなる傾向にあります。
つまり、片付けようと思っても体が動かない、片付けられないということが起こるわけです。

他にも、うつ病が原因でゴミ屋敷になることがあります。
これには、うつ病の主な症状である無気力が関係しています。
やる気が起こらないので、片付けられないという、因果関係だけを見れば至ってシンプルなモノです。
これだけではありません。
ADHDやセルフネグレクト、買い物癖や溜め込み症など精神的な原因は挙げるときりがないのです。

□だからゴミ屋敷を片付けるための清掃業者が存在する!

ゴミ屋敷ができるのにもさまざまな理由があると知っていただけたでしょうか。
中には、ゴミ屋敷に住みたくて住んでいるわけではないという場合があるはずです。
そんな彼らに代わって片付けを行なうのが清掃業者です。
ただ驚いたり嫌な顔をするのではなく、業者に頼んでみてはどうかと提案する、もしくはあなた自身で業者に依頼をすれば、喜ばれるかもしれません。

□まとめ

ゴミ屋敷の原因をいくつか紹介しましたが、多くの人には理解しがたいものばかりだったのではないかと思います。
また、本人の同意を得ず、無理矢理に業者を呼んではいけません。
本人が片付けたいのに片付けられない、そんなときにはぜひ清掃業者に依頼してみてください。
本人も周囲も、きっとみんなが幸せになれるはずです。