役立ち情報ブログ

大阪でお住まいの方へ!ゴミ屋敷レベルをチェックしましょう!

「家族にゴミ屋敷と言われてしまった」「もしかすると自分の家もゴミ屋敷かも」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
誰でも自分の家を「ゴミ屋敷」などとは呼ばれたくないはずです。
片付けたくても何から始めるべきか判断が難しいですよね。
そこで今回は、ゴミ屋敷のレベルに合ったお片付けの目安をご紹介します。

□ゴミ屋敷のレベルとは?

一様に「ゴミ屋敷」と言っても、ゴミ屋敷度は状態によって大きく異なります。
ここではそのレベルを大きく5段階に分けてご紹介します。

まずゴミ屋敷レベル1は、床が汚れているお部屋です。
「全く床が見えないわけではない」「ゴミまたはゴミ袋が散らかっている」このような場合は、レベル1に該当します。
それだけでゴミ屋敷として分類されるのかと驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この場合は自力でのお片付けも可能なため、まずは要らないゴミを捨てることから始めてください。

ゴミ屋敷レベル2は、ほとんど床が見えないお部屋です。
「何ヶ月も掃除をしていない」「ほぼ足の踏み場が無い」このような場合は、レベル2に該当します。
足の踏み場が無い大きな原因は、ゴミが多く溜まっていることでしょう。
そのため悪臭や害虫の発生に繋がる可能性も高く、場合によっては清掃業者に依頼した方が良いかもしれません。

ゴミ屋敷レベル3は、ゴミ袋が10個以上あるお部屋です。
「ゴミ袋で転倒したことがある」「ゴミを退かさずには歩けない」このような場合は、レベル3に該当します。
この場合は、既に自力でのお片付けは困難です。
相談からでも構わないため一度清掃業者まで問い合わせてみましょう。

ゴミ屋敷レベル4は、悪臭や害虫が発生しているお部屋です。
目に見えて害虫が気になるようであれば、相当危険な状態です。
近隣の住民の方へ迷惑になる可能性もあるため、いち早く清掃を行ってください。

ゴミ屋敷レベル5は、部屋の外からもゴミが確認できるお部屋です。
この場合であれば、既に近隣の住民の方や自治体から警告を受けているかもしれません。
いつまでもこの状態を放っておくと、ご自身の命にも関わってくるため今すぐにでも清掃業者へ依頼を行ってください。

いかがでしたでしょうか。
レベルが1や2であってもゴミ屋敷に該当することに変わりはありません。
そのまま放って知らぬ間にレベル5になり、取り返しのつかないことになっていたというケースもよくあります。
チェックができたらすぐに対策を始めてください。

□まとめ

今回は、ゴミ屋敷のレベルを確認しながらお片付けの目安をご紹介しました。
ご自身のお部屋がどのレベルに該当するかしっかりチェックできましたか。
散らかりの度合いによって、優先的にやるべきことも変わってきます。
どのレベルであっても良い状態ではないため、いち早く取り掛かることをおすすめします。