役立ち情報ブログ

大阪でゴミ屋敷にお困りの方へ!性格別の対策法をご紹介します!

「分かっていても次第にゴミ屋敷と化していく」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
自宅がゴミ屋敷になる人は一度清掃業者を利用して片付けても、再びゴミ屋敷にしてしまうケースがあります。
そしてその背景には、共通した性格があります。
今回は、自宅をゴミ屋敷にしてしまいやすい性格を詳しく解説します。

□ゴミ屋敷にしてしまいやすい性格

ゴミ屋敷で困っている方の特徴として、いくつかの共通点があります。
今回はその性格の特徴を5つに分けてご紹介します。

まず1つ目は、ものを捨てられない性格です。
自宅がゴミ屋敷になる人をみると、お年寄りの方が多いという事実があります。
その中の大部分が「勿体無くてものを捨てられない」性格であることが原因です。

苦しい時代を過ごした経験により、何でも勿体無いと考える傾向があります。
またお年寄りに限らず、勿体無いと考える方は意外と多くいらっしゃるでしょう。
このような方はゴミ屋敷をゴミ屋敷だと認識することも難しい場合が多いです。

2つ目は、片付けが苦手な性格です。
片付けが好きだという人よりも苦手だと感じる人の方が多いはずですが、中には極度に苦手な方もいらっしゃるでしょう。
やらなくてはいけないと分かっていても出来ない方や、何からやっていいかが分からない方は要注意です。

3つ目は、先延ばしにしがちな性格です。
「あとからやれば良い」「今はさらにやるべきことがある」と片付けを先延ばしにすることで、いつの間にか取り返しのつかないことになっているケースがあります。
掃除で汚れはその都度落とすべきとよく強調されますが、お部屋の片付けも同じです。

4つ目は、必要以上に買い物をする性格です。
近年ゴミ屋敷の住人に女性が多いことが問題となっていますが、その背景にはこの性格があります。
必要以上の買い物をして欲求を満たし、使わないまま放置し続け溜まっていくパターンです。
買い物で欲求が満たされる方はこの予備軍になり得るため、注意しましょう。

5つ目は、片付けが「下手」な性格です。
片付ける=しまうことと認識している人は要注意です。
ものを棚やクローゼットにしまうと一見片付けたように見えますが、それは片付けたことにはなりません。
必要なものと処分すべきものの仕分けができてこそ、片付けと呼べるでしょう。

□まとめ

今回は、自宅をゴミ屋敷にしてしまいやすい性格を詳しく解説しました。
ご自身の性格と照らし合わせながら、「いくつか当てはまる」「もしかして自分のことかもしれない」と感じられた方は要注意です。
性格は簡単に変わるものではありませんが、それぞれに改善策はあります。
取り返しのつくうちに対策を行いましょう。