役立ち情報ブログ

汚部屋が脳に与える影響とは?大阪の業者が解説

皆さんは汚部屋に住むデメリットと聞いて何を思いつきますか。
ぱっと思いつくものをいくつか紹介すると、不衛生、物を見つけるのに時間がかかるというのが挙げられるでしょう。
しかし、汚部屋に住むと脳と体の機能にも悪影響が出るのはご存知ですか。
今回は汚部屋に住むと、どのような悪影響が出るのか紹介します。

□汚部屋が原因でどんな悪影響が出るの?

汚部屋がもたらす悪影響を脳と体の2つの視点から紹介します。

*汚部屋が脳に及ぼす悪影響とは

部屋が散らかっていると、集中力と認知能力を低下させます。
これは、脳の特性として整理整頓されて、秩序が保たれているのを好みます。
ですので、物が散らかっている不秩序の状態だと脳が違和感を覚えて、気を取られてしまうので、結果的に集中力を認知能力が下がるという研究があります。
中には自分はこの状態が普通だから慣れたと言う人もいると思いますが、自分たちの無意識のうちに集中力がそがれていると言えるでしょう。

*汚部屋が体に及ぼす影響とは

散らかった状況だと、ストレスホルモンが分泌されて、不安になりやすくストレスが溜まります。
この物質が原因で、食べ物を食べる量が増えたり、消化器官が弱ることに繋がりたり、感染症にかかりやすくなります。
また、最近は睡眠にも質があると言われていますが、睡眠が浅くなってしまい、睡眠時間が取れても疲れが取れないということにもなるでしょう。

この2つのほかにも汚部屋は精神面でもうつ病などの精神疾患のリスクが高くなるという研究結果もあります。
精神疾患を患うと、汚部屋によって集中力が落ちているのに加えて、さらに集中力とやる気も落ちてしまうので、能力が制限されます。

このように、部屋が汚部屋だと、自分の能力が制限されています。
これは大変勿体無いと思いませんか。
もし、制限された自分の能力を解放したいと思う方は、部屋を掃除しましょう。

どうしても時間が取れない方とやる気が起きない方は、業者にお願いすると良いです。
周りの住人にバレたくない人は周囲の住人に分からないように作業ができる業者を選ぶのがおすすめです。
当社は関西地域エリアで秘密厳守かつ周囲の住人に分からないように作業が可能なので、関西に在住の部屋をきれいにしたい人は検討してみてはどうでしょうか。

□まとめ

今回は、汚部屋が原因で発生する脳への悪影響を紹介しました。
部屋が汚いせいで自分の能力が下がるのはすごく勿体ないです。
自分だけでは片づけることができない人は業者に頼むという選択肢もあるので、皆さんも汚部屋を脱出して本来の能力を取り戻しましょう。