役立ち情報ブログ

汚部屋の原因はセルフネグレクトかも?大阪の業者が詳しく解説します!

大阪在住で、汚部屋でお困りの方はいらっしゃいませんか?
その原因はセルフネグレクトかもしれません。
今回は、セルフネグレクトについて解説します。

 

□セルフネグレクトとは?

セルフネグレクトとは、生活を行ううえで必要な能力や意欲が失われ、自分の生活環境や健康状態を管理できていない状態のことを指します。

また、そうした状態において他者に助けを求めないこともセルフネグレクトの特徴です。

 

*セルフネグレクトの原因とは?

原因の一つとして考えられるのが病気による判断能力の衰えです。
認知症や精神の病によって判断力が鈍ると、生活に必要なものを判断することが困難になります。
自分には助けが必要なのかもわからなくなります。

経済的な困窮も原因として考えられます。
健康を意識した食事をとり続けるには、お金の余裕が必要です。
また、経済状況がひっ迫すると、体調が悪いときに病院へ行くことをためらう可能性が高まります。
経済的な困窮が自分を大切にする余裕を失わせます。

日々のストレスや疲れも原因になりえます。
蓄積する疲れとストレスによって、自分の周りの環境や食事の栄養のバランスに気を遣う余裕がなくなります。

高齢者では、身体の衰えによってセルフネグレクトになる場合があります。
筋力や視力の衰え、関節可動域の減少などによって生活の中でできないことが出てきます。
その結果、自己管理を行うことが困難になります。

社会的に孤立していることも原因の1つです。
家族や知人と疎遠であることで、周囲に助けを求められない状況が生まれます。
また、親しい人との死別を契機に孤独感を覚え、生活に対して無気力になることも考えられます。

 

□セルフネグレクトを解決するには?

セルフネグレクトは原因に応じて対策を考える必要があります。
多くの場合、本人はその症状に無自覚であり、また周囲とのつながりも希薄であるため問題が顕在化しにくいです。
そのため、セルフネグレクトになっている人を孤立した状態から救い出すことが解決のための糸口となります。

1人暮らしをしている家族や独り身の知人と定期的に連絡をとることで、セルフネグレクトの早期発見が期待されます。

また、地域での孤立を解消するうえで、各自治体に設置された相談窓口を利用することも有効な手段です。
セルフネグレクトの原因の追究や解決に向けた包括的な支援が期待できます。

 

□まとめ

セルフネグレクトは放置すると、汚部屋の形成や孤独死といった問題につながります。

地域で孤立した状態を改善することが問題解決のための第一歩となります。