役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷に対する自治体の取り組みとは?大阪の業者が解説します!

「ものを捨てることができずに、ついため込んでしまう。」
大阪にお住まいでこのように考えている方は、いらっしゃいませんか。
近所の方や地方自治体から、ゴミが多い家として認識されているかもしれません。
今回は、自治体がゴミの多い家に対してどのようなアプローチをしているのか解説します。

 

□「ゴミ屋敷」への取り組みとは?

自治体はゴミ屋敷に対してどのような取り組みを行っているのでしょうか。
ここでは、3つの取り組みについて紹介します。

まず1つ目は、居住者への指導および包括的支援です。
ゴミ屋敷の状況を引き起こしている居住者に対し、その原因の追究や解決策の提案、再発防止に取り組んでいます。
居住者に対する直接的なアプローチであり、即時性が期待されます。
その反面、居住者にとっては普段の生活に変化がもたらされ、負担やストレスを感じる可能性が高いです。

2つ目は、パトロールです。
自治体は、ゴミの多い家として認知している家を定期的に巡回する場合があります。
定期的にパトロールすることで当該住居の状況を把握でき、状況に応じて適切な対応を行うことが可能です。

3つ目は、条例等の制定です。
全国的には少ないですが、条例を設けることでゴミの多い家を減らそうとしている自治体も存在します。

 

*条例で定められていることとは?

条例では地域住民が守る必要がある事項のほかに、条例を違反した場合の措置や罰則が定められていることがあります。
ここでは、その内容について説明します。

まず条例で規定された措置についてです。
最も多いのが助言や指導であり、この措置によって居住者の生活環境の改善を支援することが期待できます。
また勧告や命令、公表といった措置も存在し、居住者に対し地域住民としての自覚を持たせて状況の改善を促しています。

次に罰則についてです。
条例に罰則を設けている自治体も存在し、その内容は、罰金、科料又は過料といったものです。
立入調査の拒否や措置命令違反をした場合、条例に基づく必要な報告を怠った場合などに課せられます。
お住まいの地域における条例の有無やその内容を正確に把握しておくことが大切です。

 

□まとめ

今回は、自治体が行っているゴミ屋敷への取り組み、およびその具体例である条例について解説しました。
条例を設けている自治体は全国的に少ないですが、大阪の市区町村のおよそ9%は条例を定めています。
お住まいの地域の方針に沿った生活環境づくりを行っていきましょう。