役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷から出る悪臭の原因と対処法は? 放置するとどうなる?

「ゴミ屋敷から出る悪臭の原因が知りたい」
「ゴミから出る臭いの対処法ってないのかな」
「大阪市のゴミ屋敷って、放置するとどうなるんだろう」

このような疑問をお持ちの方に向けて、ゴミ屋敷から出る悪臭の原因と対処法について解説します。

□ゴミ屋敷の悪臭の原因と対処方法

*悪臭の原因

ゴミ屋敷の悪臭の原因は様々です。
具体的には動物や虫の糞尿、生ゴミ、カビなどが悪臭の原因と考えられます。

これらのうち、最も臭いの原因になっているのは動物や虫の糞尿です。
動物や虫は、ゴミ屋敷にある残された食べ物や飲み物が大好物です。
そして、これらの動物や虫はその場で糞尿を落とし、その糞尿が腐って悪臭の原因となります。

もちろん、生ゴミそのものも悪臭の原因となります。
生ゴミには、食べ物や飲み物だけでなく、石鹸や洗剤なども含まれます。
実は、石鹸や洗剤もネズミ等の捕食対象なのです。

また、風通しが悪いゴミ屋敷では、家中でカビが発生します。
このカビも悪臭の原因の一つです。
繁殖したカビは柱・壁・床などの骨組みを腐らせ、物件の耐久性を下げてしまいます。

このように、ゴミ屋敷では悪臭が悪臭を呼ぶような状況が生まれてしまっているのです。

*悪臭の対処方法

ゴミ屋敷の悪臭の対処方法はシンプルです。
それは、全てのゴミを捨てることです。

具体的には、全て自力で処理するか、清掃業者に委託するかの2択しかありません。
とはいえ、ゴミ屋敷のゴミを全て自力で処理するのは難しいですよね。

そもそも、自力で処理できないからこそ、ゴミ屋敷が完成してしまったのでしょう。
たとえコストをかけてでも、清掃業者に委託するのが賢明な判断ではないでしょうか。

清掃業者はプロですので、悪臭が立つゴミ屋敷の対処をこれまで何件も行ってきております。

□ゴミ屋敷を放置するとどうなる?

ゴミ屋敷を長期間放置してしまうと、その悪臭が原因で近隣住民の方から行政に通報される可能性があります。

実際、大阪市では平成25年に制定された条例により、「地域の生活環境が著しく損われる状態」の原因となっているゴミ屋敷に対して行政的な処分を行うことができるようになりました。

行政による強制的な介入が行われる前に、ゴミ屋敷やその悪臭の問題を解消する必要があるでしょう

□まとめ

ゴミ屋敷から出る悪臭の原因と対処法について解説しました。
当社では、大阪市のゴミ屋敷や悪臭問題の解決をサポートしております。
「行政的な介入がある前に、ゴミ屋敷をなんとかしたい」という方は、お気軽にご相談ください。