役立ち情報ブログ

ゴミ屋敷は火事の原因に!火災対策を万全に!

「ゴミ屋敷は火事のもとになるって本当なのかな」
「ゴミ屋敷の火災対策ってどうすればいいんだろう」

という疑問をお持ちの方に向けて、ゴミ屋敷と火事の関連性、そして火災対策について解説します。

□ゴミ屋敷は火事の原因になる

*ストーブやタバコの火にご用心

ゴミ屋敷には火事が発生しやすいような条件が整っています。
たとえば、ストーブやタバコの火が、知らず知らずのうちに寝具やゴミに着火して一気に燃え広がるというパターンがあります。
通常であれば気づくような火の気も、ものが散乱したゴミ屋敷では気づきにくいのです。

火災対策として、タバコの火が完全に消えているのか入念に確認し、ストーブの近くにものやゴミを置かないように気をつけましょう。

*コンセントから着火する事例も

また、ゴミ屋敷ではホコリが堆積しやすいです。
そのため、コンセントの隙間に積もったホコリから引火する、いわゆる「トラッキング火災」と呼ばれる事例も多発しています。

特に、コンセントがゴミの隙間に埋もれていて見えにくい状態になっている場合、なかなか出火に気づかずに消火活動が遅れる恐れがあり危険です。

火災対策として、コンセントの挿入口を見える状態にしておきましょう。

*放火される事例

実は、ゴミ屋敷の火災は「放火」が原因で引き起こされることも多いです。
特に、屋外にゴミがはみ出てしまっているような住宅は、放火のターゲットになりやすいと言われています。

そのため、もしゴミが道路から触れられるような位置にあるならば、早急に対処する必要があります。
自分が火に気をつけるというのはもちろんですが、他人から放火されるリスクをなくすという視点も持ちましょう。

□ゴミ屋敷は自分だけの問題ではない

繰り返しますが、ゴミ屋敷が火災に見舞われるという事件が近年増加しています。
これは、日本全体でゴミ屋敷の数そのものが増えていることが原因の一つです。

もし、近隣の住宅に火が燃え移ってしまった場合、巨額の賠償請求をされる可能性があります。
実際、2015年に愛知県豊田市で、蚊取り線香から広がったゴミ屋敷の火が周囲の家まで延焼した事例もあります。

ゴミ屋敷を放置することは、自分ひとりだけの問題ではないという認識をしっかりと持つ必要があるのです。
片付けられるゴミから、少しずつでも良いので処分していきましょう。

□まとめ

ゴミ屋敷は火事に繋がる危険性があること、そして火災対策についてご説明しました。
ゴミ屋敷は見た目や悪臭だけでなく、火災という実害に発展するリスクもあります。

当社では、大阪市のゴミ屋敷や汚部屋のお片付けをサポートしております。
火災に発展する前に部屋を綺麗にしたいという方は、お気軽にご相談ください。