役立ち情報ブログ

汚部屋片付けを安く済ませる方法をご紹介!

「汚部屋を一人で片付けるのは難しいから業者に依頼したいけど、なるべく費用は抑えたい」このようにお悩みの方は必見です。
今回は、汚部屋片付けを安く済ませる方法について解説していきます。

□汚部屋片付け業者を安く使うコツをご紹介!

なんといっても、汚部屋片付け業者を安く使うためには、できる限り自分で片付けることが必要です。
費用はゴミの量、部屋の広さ、汚れの酷さによって変わってくるので、ゴミを分別したり、水回りや机の上など部分的な掃除でもいいので終わらせておくことをおすすめします。

ハウスクリーニングを、汚部屋片付けと同時に依頼できる業者を選ぶことも1つのポイントです。
水回りの汚れが酷い、部屋中で異臭がする、カーペットに汚れがこびりついている、除菌が必要である、エアコンからカビのにおいがするなどといった場合は、ハウスクリーニングを依頼することをおすすめします。
ハウスクリーニングが必要な場合、別の業者に依頼すると、基本料金や手数料などの不要な料金が発生するので、1社にまとめて依頼することによって、その無駄を省けます。
また、業者を利用する際は、オプション料金が発生しないようにするのも重要なことです。
スタッフ追加料金や、営業時間外対応料金、即日料金などが発生することはよくあります。
これらを防ぐために、家族や友人の力を借りたり、時間に関する料金が発生しないよう予定を開けておくことが重要です。
片付け業者を1社に絞る前に、いくつかの業者に見積もりを出して、比較することもおすすめします。
飛び抜けて見積もり額が高い業者や安い業者は悪徳業者の可能性があります。
ここで優良な業者を判断できるよう、複数の業者に見積もりを取ることが重要です。

リサイクルショップやネットオークションを利用することもおすすめです。
家具家電、アクセサリー、骨董品などがあれば、リサイクルショップやネットオークションをうまく使って買い取ってもらいましょう。

一方で、安さだけを重視してしまうと、悪徳業者に騙される恐れがあります。
特に、無料回収を謳う業者は運搬費用として高額料金を請求してくる可能性があります。
想定外な出費を防ぐためにも、激安すぎる業者には注意しましょう。
業者の公式サイトに、会社の住所や電話番号が書かれているか、口コミや評判は悪くないかチェックすることも悪徳業者かどうか見抜くポイントです。

□まとめ

今回は、汚部屋片付けを安く済ませるコツについてご紹介しました。
この記事を参考に、片付けを進めていただけると幸いです。
この記事に関してご不明な点がございましたら、当社までお問い合わせください。