役立ち情報ブログ

綺麗な部屋を目指したい人必見! 汚部屋になってしまう原因とは?

皆さんは、綺麗な部屋を保つためにどうすれば良いのかご存知ですか。
綺麗に掃除したくても、そのやり方がわからない方や、すぐ汚くなってしまう方も多いですよね。
そこで今回は、汚部屋の原因や部屋を綺麗にする方法をご紹介します。

□どうして部屋は汚くなるの?

部屋を綺麗にするには、まず部屋が散らかってしまう原因を知ることが大切です。
ここでは主な3つの原因をご紹介します。

1つ目は、「人」「もの」「収納」による仕組みです。
「部屋が片付かないのは自分の性格が問題だからだ」
そうお考えの方も少なくないでしょう。

もちろん、片付けることを「後回しにする」性格的な問題も存在します。
しかし、部屋が片付かない理由は性格だけが原因ではありません。

汚部屋の原因として、ものを収納する「場所」と「収納方法」も関係します。
ものを片付ける場所をしっかり決めて、自分が収納しやすい方法を見つければ、自然と部屋を片付ける習慣が身に付くでしょう。

2つ目は、そもそも散らかっていることに気が付かないことです。

これは特に、押し入れやクローゼット、棚などの収納場所によくあります。
ものが溢れるくらいに詰まっていても、毎日見ていればその状態が風景化してしまい目に止まらなくなってしまうのです。

汚部屋を認知する方法として、一度収納状態を客観的に見てみると良いでしょう。
スマホで写真や動画を取って見てみることで、自身の汚部屋を発見できるかもしれません。

最後の3つ目は、自分の理想をイメージできていないことです。

部屋が綺麗になると、自身の生活や気持ちの面にも変化が見られます。
例えば、ものが少なることで無駄遣いが減る、汚部屋へのストレスがなくなる、などです。

今、汚部屋に対して何で悩んでいるのか、どう変化したいのかをしっかりイメージ化させることで、理想の部屋へ近付きやすくなるでしょう。

□汚部屋の片付け方法とは?

では、汚部屋になる原因を知った上で部屋を綺麗にするにはまず何をすれば良いのでしょうか。

1番初めに取り掛かることとしては、掃除道具を揃えることです。
雑巾や袋など、必要なものを手に入れましょう。

続いて、ものの仕分けをします。
全てのものに対して本当に必要か、不必要かを判断しましょう。

不要なものを全て処分した後に、部屋の掃除に取り掛かります。
誇りやゴミを掃除機などで全て吸い込んだら、残った細々したものを整理して終了です。

しかし、中には自分だけではできないという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、業者のに依頼してプロの力を借りることも1つの方法です。

□まとめ

今回は、汚部屋の原因と部屋を綺麗にする方法をご紹介しました。
汚部屋で悩んでいる方は、汚くなる原因を知った上で綺麗な部屋を目指してみてください。
当社はゴミ部屋でお困りの方をサポートしますので、大阪お住まいの方でご不明点等ございましたらご連絡ください。