役立ち情報ブログ

すぐに汚部屋になってしまう! 部屋を散らかしてしまう人の特徴と汚部屋脱出方法 をご紹介!

「片付けたいのに片付けられない」「片付け方がわからない」
このようにお悩みの方は多いと思います。
汚部屋になってしまうのは、一体何が原因なのでしょうか。
そこで今回は、部屋が汚くなりやすい人の特徴と、汚部屋を脱出するポイントをご紹介します。

□汚部屋になりやすい性格とは?

部屋をすぐに散らかしてしまう人たちには、いくつかの共通点があります。
それは一体何なのか、ここでは3つの特徴を紹介します。

まず1つ目は、流行に敏感な人です。

このタイプの人は、不要なものをついついたくさん買ってしまう傾向にあります。
「流行っているから」「新しい新作だから」
そういった理由で、あまり気に入っていなくても流行りに乗って飛びついてしまうのです。

そうなると、気がついたらクローゼットが物でいっぱいになっていることがあります。
収納スペースから物が溢れ出すことで、片付かない汚部屋の原因となります。

2つ目は、ストレスが溜まっている人です。

仕事や育児など、日々のストレスが原因で汚部屋化してしまうことがあります。
例えば、ストレスから衝動買いに走ってしまったり、買い物の頻度が多くなったりすることが考えられます。
そうなると、物がどんどん増え、気付かぬうちに物が部屋に溢れかえってしまう状況に繋がります。

3つ目は、面倒くさがりな性格の人です。

この性格の人は整理整頓や部屋の片付けが苦手な傾向にあります。
対して部屋に物が多くなくても、一度出したものを片付けずに後回しにしてしまうことから部屋が汚くなってしまうのです。

部屋の片付け以外にも、家事まで面倒になってやらずにいると家全体が汚部屋化してしまいます。
これは性格的な問題のため、すぐに直すことは難しいでしょう。
そのため、家の生活動線を見直すことや、便利な物や人の力を借りることから始めるのが良いかもしれません。

□汚部屋の脱出方法とは?

次に、汚部屋状態から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは2つの方法をご紹介します。

1つ目は、普段から物を見直す習慣を付けることです。
気が向いた時に断捨離をするのも良いですが、時間が経過するたびに状況や心境は変わっていきます。
そのため、不要な物を溜め込まないためにも計画的に日頃から持ち物を見直しておくことをおすすめします。

「後から必要になるかも」と思い、すぐに捨てられない方は一度保留用の箱を作り、時間を少し空けてから判断するのも良いでしょう。

2つ目は、物を増やさないことです。

今ある物を処分することも大切ですが、今以上に物を増やさない努力をすることも重要です。
新しい物を購入する際は、本当に必要な物なのかどうかを判断する必要があります。

衝動買いに走りやすい方は、あらかじめ財布の中に必要最低限以上のお金を入れないようにするのも対策の1つです。
また、どうしても試したい、使ってみたい物がある場合は、物をレンタルやシェアできるサービスもあるので、この機会に利用してみると良いでしょう。

□まとめ

今回は、汚部屋になりやすい人の特徴と、汚部屋を脱出するポイントについて紹介しました。
すでに汚部屋でお悩みの方はぜひ、この記事を参考にしていただけると幸いです。
大阪にお住みの方で疑問点やご質問がありましたら、当社までお気軽にご連絡ください。